「京文化通信」は京都の伝統的な生活文化を網羅したポータルサイトです。

文字サイズ  | 小 |中 |大 |



head04.gif


京表具


千年もの間,日本の都としてのみならず「美と文化」の中心でもあった京都。その中央に鎮座する御所をとりまくようにして,公家屋敷や社寺,茶道・華道・香道等の家元が集中していました。つまり宗教・芸術・学問の世界における主体が京都にあり,京表具は日本の「美と文化」を創造および継承するなかで生まれ発達してきました。

近代に入り東京へと遷都したものの,「表具に適した良質な地下水」「黒谷・吉野・越前といった良質な和紙の産地から比較的近いこと」「高級で優雅な裂を生産する西陣」といった良い表具の材料にも恵まれた京表具。

さらには長い歴史と高度な需要の恩恵で独自の確かで厳しい審美眼が培われ,現代においても国内の文化財修復の約8割が京都で行われています。そんな「京表具」の世界を少しでも知っていただくために,「表具の歴史」ならびに「表具の美を観賞する」という項目を設け,このコンテンツでご紹介いたします。

各項目別にご案内しております。下にあります各項目の画像もしくは見出しをクリックしてご覧ください。

 ※参考・引用文献『京表具のすすめ』(宇佐美直八監修,法蔵館,1991)

表具の歴史
hyogu_his.jpghyogu_his.jpg京表具の歴史と変遷を時代ごとに区分してご紹介いたします。

LinkIcon「京表具の歴史」のページへ

表具の美を観賞する
hyogu00.jpghyogu00.jpg表具の美を観賞するポイントを,やさしくご案内いたします。

LinkIcon「表具の美を観賞する」のページへ